やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

うつ病の体調が悪くなるタイミング



こんにちは!
 
うつ病マンガのやびーです!
 
今回は、うつ病さんがいつ体調が悪くなるのか、書いていきます。
 
調子が悪い日を把握していると、原因がわからないよりも、冷静に対応できます。
 
個人差も大きいので、参考程度に読んでくださいね。
 

うつ病には体調の波がある

 
うつ病は、体調がいい時と悪い時を繰り返して、回復していく病気です。
 
昨日より今日、今日より明日と良くなるのではなく、3歩進んで2歩下がるイメージ。
 
その波とは別に、体調が悪くなるタイミングがあります。
 
 
 

体調が悪くなるタイミング

 

雨の日

 
雨の日は、気温、湿度、気圧、日照時間が大きく変わります。
 
雨が降ると、体調が悪くなる人は多いです。
 
特に台風はしんどいです。
 
対策は、天気予報をみて、当日なるべく外出や家事などのすべきことを減らしておきます。
 
 

気圧が低い日

 
気圧が低いとしんどい人も多いです。
 
「頭痛ーる」などのアプリで気圧を知ることができます。
 
気圧が低い時は、無理せずのんびりします。
 
 

気温差が大きい

 
昨日は暖かかったのに急に寒くなった。こんな日は要注意です。
 
気温差が大きいと体は変化についていけず、体調を崩しやすいです。
 
服装や空調で、体温調節します。
 
 

がんばった次の日

 
たくさん活動した翌日は、疲れてしんどくなりやすいです。
 
予定がある時は、次の日は休息のために予定をいれないのがいいと思います。
 
 
 

風邪をひいた時

 
風邪をひいた時も、当然しんどくなります。
 
うつ病の人は、免疫が下がって風邪をひきやすい場合があります。
 
しっかり予防してください。
 
また風邪をひいた時、うつ病の症状、特に自責の念が強くなります。
 
苦しいと思いますが、自分を嫌いにならないでくださいね。
 
 

 
冬季うつという言葉もあるように、冬場は日照時間が少ないこともあり、体調が悪くなる人がいます。
 
なるべく太陽の光を浴びてくださいね。
 
 

生理

 
女性の場合、生理も不調の要因になることがあります。
 
あまりひどい場合は、体調管理のためにピルを飲んでいる人もいます。
 
主治医と話し合ってくださいね。
 
 

理由のない不調

 
上の要因に当てはまらなくても、不調になる時があります。
 
そんなものだと考えて、ゆっくりしながら、回復するのを待ちます。
 
 

さいごに

 
体調が悪い日は無理をせず、のんびりしてください。
 
また、要因を軽くできるようなら、取り除くようにしてください。
 
生きにくさが少しでも軽くなりますように(^^)
 
やびー