やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

うつ病で仕事をやめたい時、知っておきたい事


f:id:sukoyaka-yaby:20200116152734p:plain



こんにちは!
 
うつ病マンガのやびーです!
 
今回は、うつ病で仕事を辞めたい人がどうやって辞めたらいいのか、案内します!
 

 

治療を受ける

 
まず、治療を受けていない人は、病院へ行ってください!
 
うつ症状は、精神科、心療内科、メンタルクリニックで診てもらえます。
 
 

 

 
 

休職も視野にいれる

 
一般的に退職より、休職を先に勧められます。
 
理由は2つあります。
 
 
 
1つ目は、しんどい時は判断力が落ちていて、大きな選択をするのは危険だから。
 
2つ目は、うつ病で休職中は、傷病手当金を受け取れるから。
 
 
 
休職して、復職せずに辞める選択もあります。
 
休職制度がある場合は、まずは休職するのがいいかもしれません。
 
 
 
しかし、休職中に会社から電話がストレスになり、治療がうまく進まないケースもあります。
 
また、傷病手当は、条件がそろえば退職後も受け取れます。
 
すっぱり退職するのも、ひとつの選択です。
 
 
 
 

傷病手当金

 
ケガや病気で働けない人に給付されます。
 
休職中、最大1年半、給与の約3分の2受け取れます。
 
 
 
また、退職後受け取るためには
 
・3日休職してから退職する(退職日に出勤しない)
・退職時、就職から一年たっている
 
ことが条件です。
 
 
 

失業給付

 
失業給付とは、「健康で働く意欲がある人」に給付されます。
 
うつ病の人はすぐには受け取れませんが、優遇措置がある場合があります。
 
 
 
・支給条件がゆるくなる
 …週20時間以上勤務を半年
 
・給付開始を遅らせることができる
 …退職したらハローワークで手続きします
 
・給付期間が長くなる
 
 

 退職の手順

 

退職願

 
法律的には、退職日の2週間以上前に申し出ます。
 
しかし、会社の規則でもっと早くに規定しているところもあります。確認してください。
 
 
 
即日退社したい場合は、2週間欠勤してやめることになります。
 
 
 
 
 

有給

 
有給休暇は権利です。使い切ってくださいね。
 
 

社会保険の手続き

 
社会保険が変わるので、手続きします。
 
健康保険、厚生年金、介護年金など。
 
 
 
健康保険
 
健康保険は、3つの手段があります。
 
①任意継続
②国民健康保険に加入
③家族の保険に入る
 
 
 
①任意継続は、退職前に2ヶ月在席していることが条件で、前の会社の保険を継続できます。
 
ただし、期限は2年、保険料は会社負担分も自分で払うことになり、倍になります。
 
退職日翌日から20日以内に、申請します。
 
 
 
②国民健康保険に加入する場合は、役所に申請します。健康保険資格喪失証明書などがいります。
 
退職日翌日から、14日以内に申請します。
 
 
 
年金
 
年金は、再就職まで時間があるので、一度国民年金に移行します。
 
退職日から14日以内に、役所で手続きします。
 
 
 

扶養

 
扶養に入る場合は、扶養者の会社に届け出ます。
 
しかし、扶養に入ると、働く意欲がないとみなされ、失業給付は受けられなくなります。
 
 

受け取るものと返却するもの

 
〈受け取るもの〉
離職票
健康保険資格喪失証明書
源泉徴収票
年金手帳(預けている場合)
私物は持って帰る
 
〈返却するもの〉
備品(制服、鍵など)
健康保険証
 
 
 

退職代行・弁護士を利用する

 
うつ病を持ちながらの退職は、大変だと思います。
 
退職代行、弁護士に相談して任せる方法もあります。
 
どちらも相場は5万円程度です。(もっと安いところもあります)
 
 
 
弁護士に相談して退職をすすめるのが、1番トラブルは避けられると思います。
 
弁護士がいれば、残業代の請求、離職票の催促なども安心です。
 
 
 
 
 
生きやすくなること、願っています(^^)
 
やびー