やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

うつ病の治療方法②~回復期前半の過ごし方

スポンサーリンク

うつ病やびー できない自分もOK 


うつ病は急性期→回復期→再発予防期と回復していきます。

 

 

私は回復期をさらに、好きなことをする「回復前期」と、外でリハビリをする「回復後期」に分けています。

 

今回は回復前期について説明します。

 

急性期はコチラ

 

【回復前期】

状態→体調が不安定。

    調子がいい日と悪い日を繰り返す

 

治療法→①好きなことをする/休む

    ②散歩

    ③薬を引き続き飲む

    ④カウンセリング

 

 

 

回復期とは

うつ病回復イメージ図


回復期は、2つ目のステップで「体調が不安定な状態」です。

 

特徴は、調子がいい日と悪い日を繰り返すこと。

 

数日調子がいい日が続いたり、また急性期のような気分の落ち込みがあったりします。

 

休むのが退屈に感じ、「何かしたいな」と思ったら回復期です。

 

 

回復前期の治療法

 

f:id:sukoyaka-yaby:20190717164106j:plain

回復前期の治療法は大きく4つです。

 

①すきなことをする

②散歩

③薬を引き続き飲む

④カウンセリング

 

うつ病治療の目指すゴールは、「社会生活が送れること」。

 

回復前期ではまず、「衣食住の心配がない・義務がない状態で、楽しく生活できること」を目標にします。

 

急性期ではただ生きるだけで、とてもつらかったと思います。

 

順番に治療していきましょうね。

 

①好きなことをする

 

うつ病さんが社会生活を送れないのは、主に3つの症状のせいだと思います。

 

それは「楽しめない」「やる気が出ない」「体が動かない」です。

 

回復前期では、やる気を尊重して、楽しい気持ちを取り戻していきます。

 

そのために、好きなことをします。

 

ただ、回復期は調子がいい時と悪い時があるので、それぞれの過ごし方を説明しますね。

 

 

調子がいい時

f:id:sukoyaka-yaby:20190717164144j:plain

調子がいい日は好きなことをします。

 

お絵かき、習字、ギター、筋トレ、手芸などの趣味や、

 

掃除、料理、片付け、洗濯などの家事をします。

 

趣味は、楽しい感情をとりもどしながら、活動の練習になります。

 

家事は、集中できるし、自己肯定感を高めてくれます。

 

義務としてするんじゃなくて、自主的にしたいと思うことだけをします。(したいと思えないならまだ休むときです)

 

できれば1人で出来ることがオススメです。人と関わる習い事などは、少し早いかなーと思います。

 

大切なのは、楽しむこと、無理をしないこと。

 

合言葉は、「できる日にできる分だけ。できなくてもOK」です。

 

楽しいを感じながら、小さな成功を積み重ねることで、回復に近づきます。

 

 

調子が悪い時

f:id:sukoyaka-yaby:20190717164410j:plain

調子が悪い時は、休みます。

 

休み方は、急性期と同じ。昼寝したり、ゲームや漫画など、ごろごろできる遊びをします。

 

病人なので、何もできないと自分を責めないでくださいね。

 

回復期は調子がいい日も悪い日もあるのが普通。

 

調子が悪いのも、回復の通過点です。

 

これが一生続くわけじゃないし、あなたがダメな人間なんてことはありません。

 

 

②散歩

うつ病 散歩


うつ病治療に、散歩はとても効果的だと言われています。

 

理想は、20分程度の散歩です。

 

でももちろん「できる日にできる分だけ」です。

 

はじめは靴を履くだけでもいい。玄関を開けるだけ、10m歩くだけでもいいのです。

 

小さいステップを考えて、無理のない範囲でしてくださいね。

 

今日はお休みって日があってもいいんですよ。

 

 

③引き続き薬を飲む

 

お薬は勝手にやめないでくださいね。

 

薬についてはこの漫画にかいています↓

 

④カウンセリング

カウンセリングには、気持ちを吐き出す作業と、考え方を変える作業があります。

 

考え方を変える作業は、パワーを使います。

 

なので、急性期にはゆっくり休むことを優先し、回復期にカウンセリングを行います。

 

人にはそれぞれ考え方のクセや偏りがあります。それは、長所にもなりますが、時に自分を苦しめる原因にもなります。

 

そのクセに気づいたり、上手に向き合ったり、他の考え方にふれたりすることで、より生きやすきなることを目指します。

 

病院外のカウンセリングは保険適用外で、費用が高いことがネックになります。

 

しかし、この先一生使える考え方を発見できれば、安いととらえる人もいます。

  

今は、オンラインのカウンセリングもあるので、上手に利用して下さい。

オンラインカウンセリング最大手 cotree

トークCARE(LINE)

 

 

 

さいごに

 

しんどいのは、病気のせいで、甘えじゃないです。

 

休むのは、治療で、怠けじゃないです。

 

しんどい時は休んで、調子のいい時は出来ることをします。

 

最善を尽くしている限り、前に進んでいます。

 

ゆっくりゆっくり、いきましょうね。

 

生きにくさが軽くなりますように(^^)