やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

敏感なあなたにおくる2冊(HSP)

スポンサーリンク

敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法、鈍感な世界に生きる敏感な人たち


『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』
『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』
 
この2冊を紹介します。
 
 
 
 

HSPとは

 
HSPをご存知ですか?
 
繊細な人、敏感な人という意味で、刺激を受けやすいのが特徴です。(Highly Sensitive Personの略)
 
特に人の感情に対して、とても共感力が高い場合が多いです。
 
また、完璧主義だったり、責任感がつよい、やさしすぎる一面もあります。
 
慎重に考えることや、想像力をはたらかせることが得意です。
 
繊細さは強みにもなりますが、社会で「生きにくい」と感じることも多いです。
 
そんなHSPさんにおすすめの本が、2冊あります。
 
 
 

『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』

一冊目は、イルセサン著『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』
 
題名にひかれた人は、ぜひ読んでほしい一冊です!
 
HSPの特徴、生きにくさの原因や対処法などが書かれています。
 
作者はHSPを多くカウンセリングしており、自身もHSPです。
 
文章は、構造がしっかりしていて、やさしい言葉でかかれています。
 
紙質やフォント、色使い、デザイン全体がHSPにとって「心地いい」と感じるものになっています。
 
私の人生を変えた本の一冊です。
 
はじめて読んだ時、「これは私のことだ!」と思い、自分の取扱説明書を手に入れた気分でした。
 
なんで今まで生きにくかったのか、謎が解明されたのです。
 
そして、「あなたはまちがってないよ」と言われた気分でした。
 
だから、同じような悩みをもっている人に、ぜひ読んでほしいです。
 
 
 
 

『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』

二冊目は、根本裕幸著『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』。
 
この本は、擬似カウンセリングを受けられる本です。
 
作者は、超人気カウンセラー。予約がなかなかとれないそうですが、本でなら、自分のタイミングで考えることができます。
 
質問が各章に設けられていて、私はそれを紙に書いて取り組みました。
 
私が気づきをもらった質問は、
「家族との印象的な思い出はなんですか?」
「それはいい思い出?悪い思い出?」
 
書き出してみると、最初はつらい思い出がでてくるんです。
 
でも、その後は次々いい思い出が。
 
私はそれまで「自分は父のことが嫌い」と思っていました。
 
でも、つらい思い出の正体は「父に愛されていないんだ」という悲しみでした。
 
父に愛されたいという自分に気づきました。
 
そして、いい思い出をたくさん見つけました。
 
鈍感な父といると、傷つくこともあるけど、そういう人なんだと割り切れるところもでてきました。
 
今は、私はそれなりに父が好きだし、父からもそれなりに愛されてると思っています。
 
そんな気づきをもらった本です。
 
 
 
 
本には人生を変える力がありますね。
 
生きやすくなるきっかけになりますように(^^)