やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

うつ病でゲームばかりしてたらダメ?


ゲームのイラスト

こんにちは!
 
うつ病マンガのやびーです!
 
今回は、うつ病でゲームをすることの是非についてお話します。
 
ゲームばかりしてしまううつ病さん、またその家族の参考になればと思います。
 
 
 

ゲームが治療になる?

 
うつ病でゲームをすることは、いいことでしょうか?悪いことでしょうか?
 
私は基本的に、肯定派です。
 
なぜかというと、治療の一貫になるからです。
 
 
 
うつ病の大きな症状のひとつに、自分を責めてしまうこと、考えすぎてしまうことがあります。
 
これは症状です。そして、やっかいなことに悪化の原因にもなります。
 
布団で横になっていても、責めたり悩んだりすると、脳は休まらずに疲れてしまいます。
 
結果、治療が進みません。
 
それを防ぐのが「昼寝」と「集中すること」です。
 
 
 
寝ている間は、悪夢を見なければ、脳を休ませることができます。
 
ですが、24時間ずっと寝ることはできませんよね。
 
起きている間は、集中することで思考を防ぎます。
 
しかし、うつ病さんは、症状で集中力の低下、体のだるさ、楽しめないなどがあります。
 
なので、あまり体を動かさない遊びで、少しでも集中できることを行います。
 
おすすめは、ゲーム、アニメ、マンガ、テレビ、動画などです。
 
 
 
うつ病治療の基本は休息。
 
そして休息の基本は、「少しでも自分が楽だと思えること、ましという状態を作ること」です。
 
休息は謹慎とは違います。
 
遊ぶことは悪いことではなく、治療のひとつになります。
 
 
 

遊んでずるい?

 
傍からみると、甘えや怠けに見えるかもしれませんね。
 
ですが、うつ病は病気。甘えではありません。
 
 
 
また、うつ病さん本人も「甘えじゃないか」と悔しい思いをしています。
 
心が弱いわけではなく、症状で動けないのです。
 
 
 
すべて理解できなくても、少しだけ、「がんばって生きてるんだ、病気と闘っているんだ」と、知っておいてください。
 
症状だけでもしんどいのに、その上周りの偏見と闘うのはもっとつらいです。
 
 
 

依存に注意

 
ゲームやアニメは、基本的には休息を手助けます。
 
ですが、ハマりすぎには注意です。
 
依存症になると執着して、周りに迷惑をかけたり、自分を犠牲にしてしまったりします。
 
 
 
次の3つの質問のうち、ひとつでも当てはまれば、依存している可能性があります。
チェックしてみてください。
 
□それについて常に考えている
□それがないと(しないと)落ち着かない
□それの頻度や量について嘘をついた
 
 
 

罪悪感がある

 
治療と言われても罪悪感がある…
 
そんな人のために、許可書を出しますね。
 


 
また、「まあいっか!」も有効な合言葉です。
 
休むことは悪いことじゃなくて、今すべきことです。
 
病人の仕事は、治療に取り組むことです!
 
 
 

さいごに

 
うつ病は本人も、それを見守る周りも、受け入れるのが難しい病気です。
 
少しずつでも、病気の特徴や治療法を知ることが、回復の手助けになります。
 
一緒にゆっくり進んでいきましょうね。
 
生きにくさが軽くなりますように(^^)
 
やびー