やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

双極症って何?

うつ病と診断されてても実は双極症だったケースがあります。今回は双極症の話です。 双極症は活発なソウと落ち込むウツを繰り返す障害です。 治るという概念がなく、お薬でフラットにもっていきます。 呼び方は違いますが、躁鬱病、双極性障害も同じです。 …

うつ病さんの生活リズム

うつ病になると生活リズムが崩れがち。でも始めはそれでいいと思います。 毎日しんどいなら寝れる時に寝ます。 少し回復したら、早起きをこころがけます。コツは日光をあびること、散歩をすることです。 逆に散歩ができないなら、生活リズムを整えるのは早い…

うつ病と性欲

うつの症状の1つに性欲がなくなったり、減ったりすることがあります。 性欲が減ると、パートナーとの関係がうまくいかないこともあります。 一方で性欲が増える人には、セックスに依存する人もいます。 健やかな欲求を感じられるといいですね

これもうつ病の症状!?

うつ病になると「私ってダメだなぁ」と思いがち。でも嫌って思っていることの9割は症状なんです。 動けないのは症状。怠けや甘えじゃないんです。 お風呂に入れないのも、しにたくなるのも症状。 症状ということは風邪の咳と一緒。自分を嫌いにならないで。 …

敏感なあなたにおくる2冊(HSP)

『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』 『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』 この2冊を紹介します。 HSPとは HSPをご存知ですか? 繊細な人、敏感な人という意味で、刺激を受けやすいのが特徴です。(Highly Sensitive Personの略) 特に人の…

うつ病の日内変動

うつ病の回復度と治療の変化

うつの回復度によってした方がいいことが、変わってきます。 始めはとにかく休みます、いっぱい寝ます。 起きている間もごろごろして、テレビやゲームでまったり。 次に好きなことをします。趣味など、したいことだけします。 遊べない人に仕事は早いです。…

さくら先生の「うつ病と診断されているけど、双極症かもしれない特徴」

精神科医さくら先生とのコラボマンガです。 精神科医のさくらです。うつ病と診断されているけど、「双極症」かもしれない6つの特徴をを紹介します。 双極症とは、活発な躁としんどい鬱を繰り返します。(双極性障害、躁うつ病とも) うつ病と診断されても10…

うつ病さんのハードルを下げよう

うつ病になるといろんなハードルが高くなります。 入浴、歯磨き、本を読むなどが難しい。 そこでハードルをさげます。散歩するなら靴をはくだけでもいいんです。 (こういう小さいステップをスモールステップといいます) そして小さいことでもできたら、い…

うつ病のごろごろして落ちこむ時