やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

うつ病の兄弟姉妹への接し方


f:id:sukoyaka-yaby:20200203112440j:plain


こんにちは!
 
うつ病マンガのやびーです!
 
私はうつ病を持っていて、今まで家族にはいっぱい心配かけたなと感じています。
 
きょうだいは、特別なにかをしてくれたわけではないけど、変わらず「私」としてみてくれました。
 
今回は、うつ病の兄弟姉妹への接し方をお話します。
 

 きょうだいへの対応3つ

 
基本は3つ!
 
・責めない
・ほっとく
・いつも通り
 
 
 

責めない

 
うつ病ってなんだかよくわからないですよね。
 
学校や仕事に行かなかったり、ずっと横になってたり…怠けじゃないのと思うかもしれません。
 
ですが、それは病気のせいで、症状です。
 
責めないで、そっとしておいてください。
 
完全に理解しなくても、ぼんやり「しんどいだな、がんばってるんだな」と思ってあげてください。
 
 

放っておく

 
基本的に何もしなくていいです。
 
無理に励ましたり、アドバイスしたりすると、逆にプレッシャーに感じてしまうことがあります。
 
一番苦しいのも、がんばりたいと思っているのも本人です。
 
そっとしてあげてください。
 
 

いつも通り

 
今まで通り、一人の人間、家族、きょうだいとして温かく接してくれることが嬉しかったです。
 
親の話では、時々「あいつ大丈夫か?」と心配してくれていたようです。
 
少し回復すると、普通の会話、あいさつなど、家族とのコミュニケーションは大切でした。
 
(病気で友達など関わる人が減っていた)
 
今はきょうだいとの会話で大笑いすることもあり、回復を感じています。
 
 

さいごに

 
人それぞれ症状も価値観も変わってくるので、参考程度にとらえてください。
 
ここまで読んでくれて、ありがとうございます。
 
気にかけてくれるきょうだいがいるのは、幸せなことですね(^^)
 
やびー