やびーのうつ病マンガブログ

生きにくさを軽くするヒント

うつ病の薬代はいくら?安くする方法


f:id:sukoyaka-yaby:20200125120146j:plain


こんにちは!
 
うつ病マンガのやびーです!
 
今回は、うつ病の薬代の例と、安くする方法を紹介します。
 
 

私の場合

 
私は月1回通院して、お薬をもらっています。
 
お薬は、3種類を28日分。
 
月のお薬代は「680円」。
 
自立支援医療を使っているので1割負担、ジェネリックがあるものはジェネリックです。
 
この次に説明しますね。
 
ちなみに通院費は「480円」、月のうつ病治療費は計「1160円」です。(あとは交通費)
 
 
 

自立支援医療

 
自立支援医療は、うつ病の病院代とお薬代が1割負担になる制度です。
 
通常の健康保険は3割負担なので、3分の1になります。
 
定期的に精神科に通院している人が対象で、半年くらいが目安です。
 
扶養内でも利用できます。
 
病院と薬局を指定するので、病院の変更がない人は申請してみてください。
 
詳しくは、役所や病院で聞いてくださいね。
 
 
 

ジェネリック医薬品

 
ジェネリック医薬品は、後発医薬品のこと。
 
先発医薬品と比べて、研究・開発費がかからないので安いです。
 
開発者の利益にはならないので、各自のポリシーで選択します。
 
開発後しばらくは、開発者の権利が守られて、後発品がでていない場合もあります。
 
 

さいごに

 
薬物療法はうつ治療の代表的な治療です。お医者さん、薬剤師さんの指示に従って正しく飲んでくださいね。
 
生きにくさが軽くなりますように(^^)
 
やびー